Twitterの出会い系情報はどこまで正確?

Twitterに出会い系の情報を流しているアカウントがいくつかあります。フォロワー数も数万人単位という人気のアカウントです。さまざまな情報をマメに流しているようですが、これはどこまで信用していいのでしょうか。
<インターネットの情報>
インターネット上には多くの情報があふれています。すべてが事実ではありません。特に出会い系の場合は大半が宣伝や広告につながるものです。試しに、人気のあるアカウントにあるURLをクリックしてみましょうか。念のために気をつけてください。明らかに怪しいと思われるURLはクリックしないことが本当は正しいです。ワンクリック詐欺などの例もありますので、慎重に選んでください。ちなみに今回、選んでみたのは4万人ほどのフォロワー数があるアカウントです。さすがにこの数になるとワンクリック詐欺ではないでしょう。数万人単位のサクラを用意するだけでも途方もない労力がいります。まあ、安全とはいえないまでも知り合いの人つまを即ハメで寝取りたい.xyz危険ではないものを選んでみました。逆にいうと、数十人程度のアカウントは危険です。ワンクリック詐欺なら無視を決め込めばすむだけですので、そういう場合は考えることなく、ブロックか、もしくはスパムで防御しておきましょう。
<アカウントのURL先には>
何やら、個人で作成したような、お世辞にも流行のデザインとはいえないサイトに飛びました。軽く眺めてみると、出会い系の情報サイトのようです。初心者向けの注意などや、出会い系のコツなどの記事が見えます。これはおそらく個人で作成したように見せかけた、業者の宣伝サイトですね。どの記事も最終的にはいくつかのおすすめサイトを紹介して、その出会い系のサイトに誘導するようになっています。もしかしたら、個人がおこづかい稼ぎにやっている可能性もあるかもしれません。どちらにしても、結局はサイトの紹介です。有益な情報はありません。どこにでもあるような内容だけのサイトです。
Twitterを例にとってみましたがSNSのなかでも最も情報が流れやすいのが、現状ではTwitterでしょう。まるで個人がやっているようなアカウントでも実際はそうでない場合もあります。これだけSNSが浸透すれば、業者は必ず参入してくるでしょう。当然ですよね。サイトの運営費は無料のサービスを利用すれば、ほぼ、お金のかからない宣伝や広告がうてます。それだけでは検索にかからないのでTwitterを利用している、というわけです。インターネットにあふれている情報はすべてが事実ではありません。これだけは頭に入れておきましょう。